スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国会対策委員長は11日の記者会見で、菅直人首相が参院選の勝敗ラインを50議席としたことを念頭に「一部には50(議席)でいいという方もいらっしゃるが、それではダメだ」と苦言を呈した。平田氏は「少なくとも与党で過半数、願わくはわが党だけで60以上取らなければ、国民新党さんと約束した郵政改革法案の成立が実現できない」と、勝敗ラインを60議席へ引き上げるよう主張した。

 民主党が参院選で50議席を獲得しても、非改選組の62議席と合わせても112議席で、過半数(122議席)に満たない。

 平田氏は、50議席を勝敗ラインとした首相の狙いについて「わからない」と繰り返した。

【関連記事】
みんな江田氏、民主との連立は「絶対ない」
亀井氏が閣僚辞任 後任は自見氏起用へ
亀井金融相辞任…菅内閣わずか2日で大混乱
亀井氏辞任で金融業界「良い方向に動いた」
参院選 24日公示、7月11日投票へ 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
<蓮舫担当相>秘書が痴漢の疑い 任意で事情聴取(毎日新聞)
眞子さま、アイルランドへ=大学の語学研修に参加(時事通信)
<火災>店舗兼住宅焼き2人死亡 父と11歳次女か 愛知(毎日新聞)

菅新首相 国の針路正し危機打開を ばらまき政権公約を撤回せよ(産経新聞)

【主張】

 第94代首相に指名された菅直人氏には国家の針路を正し、国難を打開することを強く求めたい。

 8カ月余りで崩壊した鳩山政権は迷走を続け、国益を大きく損なった。国民は民主党政治は信頼に値しないと突き放した。

 副総理・財務相として内閣に参画していた菅氏は、こうした危機に手をこまねいていたのではなかったか。所管外とはいえ米軍普天間飛行場移設問題に関与しようとしなかったのは、待ちの姿勢と批判されても仕方ない。

 これからは国家と国民の平和と繁栄に関する最高の責務を負うこととなる。「この国を立て直すのが第一の仕事」と語ったように国政への信頼を取り戻すことに全力を挙げなくてはならない。

 ◆小沢氏は完全退場を

 菅氏は官房長官に仙谷由人国家戦略担当相、幹事長に枝野幸男行政刷新担当相を充てる方向で調整している。打破すべきは小沢一郎幹事長への権力集中に伴って続いてきた独裁的な党運営である。小沢氏と距離を置いていた人材を内閣と党の中枢に据え、小沢氏の影響力を排除することは当然である。

 小沢氏は政治とカネをめぐる問題で国民の信を失ってしまったことを潔く認め、鳩山由紀夫首相を見習って、政界からの引退を決断すべきである。

 菅氏は党の政策調査会復活も掲げた。政調会長を閣僚として処遇したいとも述べた。二重権力と呼ばれた政策決定システムを刷新する姿勢を貫いてもらいたい。

 国を立て直す最重要課題の一つが、鳩山政権によって破綻(はたん)寸前まで悪化した財政の再建にあることは明らかだ。ユーロ不安で政府債務の信用リスクが問われている中、債務残高の対GDP(国内総生産)比が181%と先進国で突出している日本は、常に経済崩壊に直結する金利急騰リスクにさらされているからである。

 菅氏も財政再建に意欲を示した。だが、問題は今月中に策定する財政健全化目標でどこまで具体的道筋を示せるかだ。そのカギを握るのは消費税である。

 消費税率見直しの4年間凍結を主張していた鳩山首相は退陣した。議論はしやすくなるが、参院選を控えて与党内に反対論が根強いうえ、菅氏自身が引き上げの必要性を表明するだけでその時期や幅に言及していない。

 財政健全化目標は基礎的財政収支の赤字削減にしろ債務残高対GDP比圧縮にしろ、中期と長期の目標数値を示さねばならない。その目標実行の担保として、消費税を中心とした増税の具体的スケジュールは不可欠なのだ。

 増税したとしても医療・介護など成長分野に支出し、税収増によって財政を再建するという菅氏のバラ色の手法も疑問が残る。その効果が上がるまで財政破綻は待ってくれないし、机上の計算が一つ狂えば目も当てられまい。

 まず、ばらまき政権公約を撤回し、増税を堅実な財政健全化につなげる。それが成長の阻害要因を取り除く最大の政策である。菅氏は鳩山政権で国家戦略担当相、財務相として成長戦略の迷走と財政悪化に深くかかわった責任をもっと自覚せねばならない。

 ◆郵政法案合意は問題

 菅氏は国民新党との連立継続を決めたが、郵政民営化に逆行する郵政法案について「速やかな成立を期す」と確認したことは問題だ。首相として最初の政策判断が問題の法案にゴーサインを出すものでは、政治の方向性が変わらないことを印象づけるだけだ。

 亀井静香郵政改革・金融相との協議では、社民党も入った昨年9月の3党合意を引き継ぐことも確認した。連立離脱した社民党に引き続き政権への協力を求める布石だろう。

 だが、連立離脱の原因となった普天間問題で社民党が辺野古移設に同意することはあり得まい。安全保障政策の明確な不一致が残っているのになぜ連携なのか。「選挙至上主義」は残念だ。

 それより、日米合意に沿って8月末までに代替施設の位置や工法を確定する作業に全力を挙げるべきだ。沖縄の強い反対の中で難しい作業だが、米国との約束を果たし同盟を堅持せねばならない。

 不安材料は、北朝鮮による拉致問題への対応だ。拉致実行犯である辛光洙(シン・ガンス)容疑者らの釈放嘆願書に菅氏が署名したことがあるからだ。個別名まで確認する余裕はなかったなどと釈明しているが、明確に謝罪すべきだ。対北制裁問題で毅然(きぜん)とした姿勢を示すかどうか注視したい。

【関連記事】
菅直人新政権 みんなは敵対鮮明、新党改革は注視
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
8日に組閣 蓮舫氏入閣へ 仙谷官房長官、野田財務相 
エイズ・カイワレ・お遍路…関係者の思い複雑
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し
「はやぶさ」帰還へ

W杯中、南アに臨時事務所=外務省(時事通信)
民主・輿石氏、参院選目標は「単独過半数」(読売新聞)
契約後の法規制に賠償認めず=土地汚染で買い主敗訴―最高裁(時事通信)
【from Editor】黄砂アレルギー(産経新聞)
2010年の夏のボーナス、去年と比べてどうですか?(Business Media 誠)

<雑記帳>高知の啄木と父の歌碑、岩手知事が初訪問(毎日新聞)

 達増(たっそ)拓也・岩手県知事が28日、高知市にある同県出身の歌人、石川啄木とその父一禎(いってい)の歌碑を初めて訪れ、高知と啄木にちなんだ短歌を詠んだ。

 一禎は晩年を同市で過ごした。歌碑は、市民有志が昨年9月、寄付を集めて建立。この縁で両県が交流を深めている。同市では人物展「龍馬と啄木展」も開かれており、達増知事の訪問につながった。

 ホームページに自作の短歌を載せるなど、普段から歌をたしなむ達増知事。坂本龍馬も歌好きだったといい、大物2人の前で披露した知事の心境やいかに。【千脇康平】

【関連ニュース】
選挙:衆院選 民主の勝利「ありがたきかな」−−岩手・達増知事
達増・岩手県知事:龍馬ファン、高知へ 交流事業名は「“K・I”援隊」 /高知
達増知事:行政委員報酬、月額制「適切だ」 /岩手
小沢・民主幹事長:政倫審出席へ 知事「根拠ない決めつけまかり通っている」 /岩手
花泉診療所:「民のことは民で」 知事、指導するが支援せず /岩手

身ぶりと音声で生活機器を操作―産総研が障害者支援システムを開発(医療介護CBニュース)
リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
<崩落>洞穴調査中の埋蔵文化財センター職員死亡 富山(毎日新聞)
北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
色鮮やかで大きな“幻” 北海道北部・イトウ(産経新聞)

カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)

 「管理がずさん」と文化庁に判断され、会場を当初予定の新潟市美術館から新潟県立近代美術館(長岡市)に変更して開催中の仏像展「奈良の古寺と仏像」で、目玉となる国宝の中宮寺「菩薩半跏(ぼさつはんか)像」の展示が25日、始まった。6月6日まで。

 近代美術館によると、4月24日に開幕した同展は、23日までの1か月間に約3万7000人が入場。25日は午前9時の開館前から100人以上が並び、国宝の正面を見学者が二重三重となって囲むなど、会場内は混雑した。

 母親と訪れた新潟市西区、会社員井口愛子さん(24)は「国宝が来たら見たいと思っていた。どこから見ても笑顔で、モナリザみたいな感じ。大昔なのに、よく考えて作られている」と話していた。

 新潟市美術館では昨年7月と今年2月、展示物からカビやクモが発生するトラブルが起きていた。

事業仕分け 第2弾 運転免許講習「独占的」…8事業廃止(毎日新聞)
小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
<窃盗>和菓子80個盗み、40個食べる 熊本(毎日新聞)
東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終(J-CASTニュース)

<トカゲ類>気温上昇続けば2割が絶滅 生態系に深刻な影響(毎日新聞)

 このままの勢いで気温が上昇すると、今世紀後半にはイグアナやヤモリなどトカゲの仲間の2割が絶滅するとの試算を、米国やメキシコなどの研究チームがまとめた。変温動物のトカゲは、気温上昇を避けようと行動が制限され餌探しができなくなるのが理由という。生態系全体に深刻な影響を与える恐れがある。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 75〜95年にハリトカゲ48種が生息していたメキシコ国内の200カ所を調べた。その結果、気温上昇率が高い場所ほど生息数の減少が目立ち、約1割の24カ所で絶滅していたことが分かった。

 暑さを避けて高地に移動して絶滅を回避したトカゲもいるが、そこに生息していた別のトカゲを絶滅に追いやる現象も起きていた。

 また、繁殖期の3〜4月に気温上昇で行動が制限される時間が1日3.85時間を超えると絶滅しやすくなることが判明。高温時では涼しい場所に避難する時間が長くなる分、餌探しの時間が不足し、成長や繁殖に影響を及ぼすのが理由という。

 研究チームは今後各地で予測される気温上昇率から、2050年までに世界のトカゲの6%、80年までに20%がそれぞれ絶滅すると分析。「トカゲが食べる生物、食べられる生物は多い。地球温暖化は連鎖的に生態系に悪影響をもたらす」と警告している。【大場あい】

元巨人・中畑氏「たちあがれ日本」が公認発表(読売新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず―環境省(時事通信)
移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)

スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞)

 【コロンボ(スリランカ南西部)=滝口亜希】25年間に及ぶ内戦が終結したスリランカで復興支援事業などを行う日本財団の笹川陽平会長が7日、同国のラジャパクサ大統領と会談した。ラジャパクサ大統領は「この1年間で(難民キャンプに住む)国内避難民の再定住も進んだ。今後は投資家を誘致し、観光産業を強化したい」とした上で、訪日して日本の報道機関にスリランカの現状を訴えたいとの意向を示した。

 関係者によると日程は6月下旬で調整中といい、実現すれば昨年5月の内戦終結後、初の訪日となる。

 日本財団は内戦終結前から、スリランカ国内において和平に向けた宗教指導者対話会議の開催や、地雷で手足を失った人のための義肢装具士養成校建設などの支援事業を行ってきた。

 会談で笹川会長は「復興が進んでいる現状を海外メディアにも発信すべきだ」と提案。ラジャパクサ大統領は「西洋諸国はスリランカの現状について、事実と異なる認識を持っている」とし、「国内の開発事業も始まってきた。保健分野の対策を進めていきたい」と復興への意欲を語った。

「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
<南アW杯>記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社(毎日新聞)
もんじゅ「再起動」 技術蓄積へ歩み再び(産経新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)

万引き容疑、警官見るなり自分の胸刺す…男死亡(読売新聞)

 スーパーで万引きをした疑いで20日、警察官が訪問した際、自分の胸をナイフで刺した佐賀市嘉瀬町の職業不詳の男(42)が21日未明、搬送先の病院で死亡した。

 失血死とみられる。佐賀県警佐賀署は窃盗と銃刀法違反の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 発表によると、男は20日午後2時半頃、自宅近くで、捜査車両に乗った署員4人を見るなり隣家との境のブロック塀を乗り越えて逃走。持っていた果物ナイフ(刃渡り12センチ)で自分の左胸を数回刺して農業用水路に飛び込んだ。引き揚げられて病院で手術を受けたが、21日午前零時47分に死亡した。

 同署の陣内学・副署長は「男が逃走した時、署員は数十メートル離れており、体には触れていない。職務執行に問題はなかったと考える」と話している。

週末は冷え込む?農作物被害に注意呼びかけ(読売新聞)
整体、散髪代を運動費計上=「誤解生む」と報告書訂正−09年衆院選で民主長島議員(時事通信)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡−福岡(時事通信)
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児−福島(時事通信)

弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)

 広島市で2005年、小学1年木下あいりちゃん=当時(7)=を殺害したとして殺人罪などに問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審で、広島高裁(竹田隆裁判長)は14日までに、弁護側請求による同被告の精神鑑定を却下する決定をした。弁護人が明らかにした。
 8日に開かれた差し戻し控訴審の第1回公判で、弁護側は精神鑑定と情状鑑定を行うよう申請したが、採否は留保されていた。今回の決定で、6月1日の次回公判で結審する見通しとなった。 

【関連ニュース】
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

検察審、近く議決へ=小沢氏不起訴の当否判断−陸山会規正法違反事件(時事通信)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
<舛添氏>次の一手は? 新党構想、援軍なく(毎日新聞)

<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)

 04〜08年度に発生したライター事故のうち独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE=ナイト)に通知があった132件を調べたところ、1人が死亡、9人が重傷となっていたと同機構が13日公表した。同機構は子供の火遊び以外でも使い捨てライターによる事故が多いとして注意を呼びかけた。

 ◇重傷は9人

 原因別では▽着火レバーから指を離しても消えずに衣服のポケットで燃え広がるなどの「残火」38件(29%)▽乱雑な引き出しに入れたライターが着火したり、子供の火遊びなどの「意図せず着火」16件(12%)▽部品の劣化などによる「大きな炎」15件(11%)▽「ガス漏れ」14件(11%)−−など。

 一方、ライターに子供が簡単に使えない機能を義務付けるかを検討している経済産業相の諮問機関、消費経済審議会の作業班会合も同日開かれ、持丸正明座長は終了後、次回5月にも取りまとめる方針を明らかにした。【佐藤浩】

【関連ニュース】
2児死亡火災:寝室に使い捨てライター 川崎
車両火災:危険なライター 意図せず着火、08年61件
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
北海道4児死亡:車内に使い捨てライター、紙に引火か
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査

<コウノトリ>野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
仙谷氏「歳入改革掲げ総選挙を」(産経新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
牛丼レッドオーシャンは「定食」へ飛び火する? /金森 努

空港懇紛糾、橋下知事らに「じゃんけんで決めて」(読売新聞)

 関西3空港問題で最大の焦点だった大阪(伊丹)空港のあり方は、今後10年の維持・活用で合意したものの、首長らの思惑の違いから、将来像はまた、先送りされた。

 自治体、経済団体トップが集まった12日の関西3空港懇談会。大阪府の橋下徹知事が「あいまいなとりまとめでは、国は1ミリも動かない」と伊丹廃港の決断を迫る一方、兵庫県の井戸敏三知事らは「壊し屋の議論ばかりではダメだ」と包囲網を作って反対し、会合は紛糾、一向に埋められない地域間の立場の違いだけが際立った。

 「大阪府は合意しません」。橋下知事は事務局の関西経済連合会がまとめた合意案に対し、いきなり難色を示した。当面の伊丹活用には理解を示す一方、リニア中央新幹線(東京―名古屋)の開通などを見据えて将来像を示すべきだとし、「今後10年(の存続)では対症療法にすぎない。30年後を見通して策を突きつけていくべきだ」と、国に関西空港の債務圧縮と合わせて伊丹廃港の提案を迫った。

 これに対し、井戸知事は「国がやってくれないと思いこんで、働きかけをしない方が問題だ」と反論。座長の下妻博・関経連会長が「今回の取りまとめには、それなりの方向性がある」と理解を求めた。

 その後も橋下知事は、合意案に「(長期的には)空港存廃の判断も含めて見直していく」と記されながら、存廃を検討する空港を明示しなかった点に反発。橋下知事が「伊丹と神戸(が検討対象)だと明示すべきだ」と求めたが、井戸知事は「それなら私は(合意案から)降りる」「関空だって、維持にいくらかかっているのか」と発言するなど両知事は譲らないまま。下妻会長は「幼稚園の子どもみたいなことを言わないで」と橋下知事をたしなめ、両知事に「(存廃対象を)じゃんけんで決めて」と繰り返す場面も。

 話し合いは予定の倍近い約2時間に。反対意見も明記することでようやく議論を取りまとめた下妻会長は、その後の記者会見で、「(会議が)紛糾したと言われると異質感がある。首長さんの政治的スタンスの違いはあるが、関空を盛り上げようという機運は高まった」と強調した。

「大阪都構想」、堺市長が研究会で検討へ(読売新聞)
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪(医療介護CBニュース)
【風】「高校、義務教育ではない」(産経新聞)
BPOが日テレに質問状 「行列のできる相談所」で(産経新聞)
「ラピュタ」で起床=「頑張っていきたい」−山崎さんの目覚ましコール(時事通信)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
競馬サイト
ネットビジネス
クレジットカード現金化
債務整理 無料相談
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    リンデル (01/16)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    サキューン (12/29)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    リョータ (12/25)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM