<< スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞) | main | カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<トカゲ類>気温上昇続けば2割が絶滅 生態系に深刻な影響(毎日新聞)

 このままの勢いで気温が上昇すると、今世紀後半にはイグアナやヤモリなどトカゲの仲間の2割が絶滅するとの試算を、米国やメキシコなどの研究チームがまとめた。変温動物のトカゲは、気温上昇を避けようと行動が制限され餌探しができなくなるのが理由という。生態系全体に深刻な影響を与える恐れがある。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 75〜95年にハリトカゲ48種が生息していたメキシコ国内の200カ所を調べた。その結果、気温上昇率が高い場所ほど生息数の減少が目立ち、約1割の24カ所で絶滅していたことが分かった。

 暑さを避けて高地に移動して絶滅を回避したトカゲもいるが、そこに生息していた別のトカゲを絶滅に追いやる現象も起きていた。

 また、繁殖期の3〜4月に気温上昇で行動が制限される時間が1日3.85時間を超えると絶滅しやすくなることが判明。高温時では涼しい場所に避難する時間が長くなる分、餌探しの時間が不足し、成長や繁殖に影響を及ぼすのが理由という。

 研究チームは今後各地で予測される気温上昇率から、2050年までに世界のトカゲの6%、80年までに20%がそれぞれ絶滅すると分析。「トカゲが食べる生物、食べられる生物は多い。地球温暖化は連鎖的に生態系に悪影響をもたらす」と警告している。【大場あい】

元巨人・中畑氏「たちあがれ日本」が公認発表(読売新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず―環境省(時事通信)
移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
「宮崎牛」種牛は避難、移動制限区域内だが特例(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 15:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
競馬サイト
ネットビジネス
クレジットカード現金化
債務整理 無料相談
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    リンデル (01/16)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    オリンキー (01/03)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    サキューン (12/29)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    リョータ (12/25)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    晶太郎 (12/20)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ヘッド (12/07)
  • 平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM